発達障害児のための教材づくり~スターターキットを紹介します

材料

こんにちは、たまです。

お家や学校、施設で手作り教材を準備される方むけに書きました。

 

良い道具を揃えると、教材づくりはグッとラクになる

効率よく、良い教材を作るためには

道具ってとっても大切です。

とはいえ、

最初からお金をかけすぎるのも負担になりますよね…。

 

そこで、

「まずはこれだけ揃えよう!」というスターターキットを厳選しました!!

(※はさみ、カッター、のり、セロテープ、マーカーペンなど

おそらくどこの家庭・施設・学校にもあるだろうというものは除外しています)

 

では早速紹介していきたいと思います。

教材づくりスターターキット

1 PC&プリンタ

絵も文字も、すべて手書きで作る技術&時間がある!という方以外は必須です。

「PCはあるけどプリンタはない…」というご家庭も多いかもしれません。

教材を作るならこの機会に購入してみてはどうでしょうか。

様々な本や資料のコピーもお家でできるようになります。

スキャン機能も意外と便利で、諸手続きの身分証提出のときに役立ったりもします。

いちいちコンビニまでコピーをとりにいくことを思えば、一気にラクになりますよ。

 

2 ラミネーター&ラミネートフィルム

教材はラミネートすることで耐久性が上がります。

スケジュールやルールを示すカード作りにもじゃんじゃん使えますので、これまた必須のアイテムといえます。

 

最近は安くて高性能のものがたくさん出ています。

 

A3ヨコまでラミネートできるものもありますが、

置き場所を考えるとオススメはA4までのタイプです。

A3サイズも、タテにすれば入りますので。

 

ラミネーター本体もラミネートフィルムも、

アイリスオーヤマが最も低価格で高品質な印象です。

レビューも全体的にみて高評価ですね。

 

ラミネートフィルムも含め、重いので、通販がオススメです。

 

3 かどまるくん

 

ラミネート加工したカードの角を丸くする道具です。

これを使わないと、角がとがって危ないです。

 

「えっ、ラミネートフィルムの角ってもともと丸いじゃん」

 

いえいえ、ラミネートしてそのままA4サイズで使うケースばかりではありません。

ラミネートしたものをさらにカットする場合が往々にしてあります。

その際の角を、処理しなくちゃいけないんです。

 

ハサミで丸く切っても良いのですが、面倒です。

かどまるくんを使った方が100倍速くてきれいです。

 

ちなみに、この「かどまるくん」でひたすらパチパチ角を落としていると、

不思議と心が落ち着きます。

瞑想のような効果があるのでしょうか…。

 

4 両面テープ

セロテープで代用ができないわけではありませんが、あると非常に便利です。

幅の狭いもの、広いもの、強力タイプといろいろ揃えられると良いのですが、まずは普通の強度のもので幅8~10mmくらいのものを買っておきましょう。

 

5 マジックテープ(面ファスナー)

100均で手に入ります。

縫製タイプと接着タイプがあり、

布製の教材には縫製タイプ、それ以外の教材には接着タイプを使用します。

マッチング教材などを作るとあっという間に減っていくので、

このような巻きタイプもオススメです。

 

6 布ガムテープ

お金に余裕があれば、5色(赤・青・黄・緑・白)揃えましょう。

本来のガムテープとしての用途のほか、箱型の教材などの周りを覆うのにも使えます。

 

色画用紙を貼るよりもかんたんで丈夫にできあがります。

 

7 くっつきにくいはさみ

上記の面ファスナー(接着タイプ)や布ガムテープを普通のはさみで切ると、接着部分のねばねばが刃について、すぐに使い物にならなくなります。

 

ところが、くっつきにくいはさみを使うと!アラ不思議!!!

全然ねばねばがつきません。

 

こんなスグレモノのはさみですが、これまた100均で入手可能です。

1本あるとそれだけで作業効率が格段にアップし、ストレスも激減するので、ぜひ買いましょう。

私が愛用しているのはこちらのダイソーのものです

 

8 ダンボールカッター

ダイナミックな大きさの教材を作る際の必須アイテムです。

ダンボールがサクサク切れて気持ちいいです。

ちなみにプラダンも切れます。

 

道具に助けてもらおう

いかがでしたか?

まずはこれを揃えてみよう、というアイテムをお伝えしてみました。

比較的安価で買えるものを選びましたので、興味がわいた方は店頭でお手にとってみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました