学びの山のふもとから~自己紹介にかえて~

ご挨拶

感銘を受けて手帳に書き留めた、河合隼雄先生の言葉があります。

人の心に対して自信満々になりうるはずがない。自信満々になったら終わりです。

この言葉と出会ったとき、

自分に自信がなくてもいいんだ

わからない・できない自分でいいんだ

まずは、そんな自分から目を背けずにいよう

そして、背伸びせず自分にできることを一歩一歩やっていこう

と思いました。

 

私は、発達に不安のあるお子さんや保護者の方々と向き合い、

支援する仕事をしています。

学生時代より、音楽療法に興味があり、

数年前から日本音楽療法学会認定音楽療法士の資格取得に向けて

勉強をしています。

また、今年からは、

臨床発達心理士の資格取得に向けての勉強もスタートすることにしました。

もともと、興味ある分野の勉強は好きということもありますが、

(ストレングスファインダーで学習欲1位です)

なんといっても、

自分の力のなさをどうにかしたい、

少しでも、目の前のお子さんの力になりたい、

お子さんの成長を、保護者の方や同僚と喜び合いたい、

という思いがあることが大きいです。

 

発達支援という大きな山の、

ほんの登山口にたどりついたばかりの私です。

このブログを始めるにあたっても、

まだまだ勉強中の身で、発信などしてもいいのだろうか?

自分に書けるくらいのことなら、この業界の人は誰でも知っているのでは?

という気持ちがあり、何年も逡巡しました。

 

でも、アウトプットすることがインプットの質を高めるのだ、と

ようやく決心がつき、信頼する方のお力も借りて、

思い切ってブログ開設に至ったのです。

 

これからは、

・自分の試行錯誤の歴史から学んだこと

・失敗談

・学んだことからのアウトプット

などを中心に、発達支援に関するあれこれをつづっていきたいと思っています。

 

また、このブログを通じて、

発達支援に関わるたくさんの方々とつながりをもてたら

とても嬉しいです。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました